ハート出版近刊案内

出版予定のハート出版の書籍をこのブログでご紹介します。
精神世界、児童書、健康書、教育書などを出版しています。
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > アマゾン産スーパー果実アサイー
新着情報
アマゾン産スーパー果実アサイー
 

 
アマゾン産スーパー果実アサイー


2009年12月発行





強力な抗酸化力が疲労回復、疲れ目、美肌にいい

 どこの国にもそれぞれ、昔から受け継がれてきた食文化があります。その食材のなかには、単にエネルギー源として優秀なだけでなく、心身の養生に役立つものが存在します。
 最近はそうした食材が、改めて「ORAC(活性酸素吸収能力)」という新しい評価法で注目を浴びています。本書で紹介する「アサイー」はその代表です。
 まさに医食同源(薬食同源)というわけで、各国の養生食を日本の食文化にうまく取り入れ、予防医学に役立てていくことが、私の目指すところでもあります。
 現代医学はこれまでもっぱら「治療医学」に邁進してきました。治療医学というのは、すでに病気になっている人の心身を、化学薬品を使って治す医学のことです。
 一方、健康な人を対象に、病気の危険因子を身の周りから遠ざけるように指導したり、からだにいい食事を勧めたりして、病気になるのを未然に防ぐのが「予防医学」です。
 私は長年にわたって予防医学に役立つ食材、すなわち「ヘルスフード」の研究を続けてきました。ヘルスフードのなかには、一般の食品だけでなく、サプリメントも含まれます。いずれの場合も、次の3つの要素を兼ね備えていることを条件としています。「エビデンス」…有効性が科学的に証明されている。「安全性」…できれば食経験があること。「メカニズム」…効果のしくみが解明されている。
 アサイーは、原産地の南米アマゾンで、昔から日常的に食べられてきたフルーツの1つです。したがって、食品としての安全性は確立されており、長く食べ続けることを前提とした予防医学の素材としては最適です。
 また、アサイーには多くの有効成分および栄養成分が含まれていて、効果のしくみについてもかなりわかっています。アサイーを実際に食べたときの効果はその食経験からよく実感されていますが、日本で認知され始めて間もないこともあり、まだ十分には科学的には証明(エビデンス)されていないところもあります。
 しかし、いまや世界のトップアスリートやモデル、ハリウッドスターなどが自ら飲食して疲労回復効果などを実感し、スーパーフルーツとして一躍脚光を浴びた食品ですから、エビデンスについてもまもなく立証されるのは間違いないでしょう。
 本書では、すでにアメリカで爆発的な人気を誇っているアサイーの効用について紹介します。その内容が、1人でも多くの人の健康管理に役立つことを心より願っております。



目 次 ――


第1章 注目のスーパーフルーツ
     現代病を誘発する「活性酸素」
     食品の抗酸化力を示すORAC
     なぜいまスーパーフルーツか
     日本の食生活はORAC不足
    〈コラム〉アメリカのサプリメント人気

第2章 アサイーの健康成分
     アマゾンの恵み「アサイー」
     抗酸化の主役はアントシアニン
     オレイン酸のパワーもプラス
     こんな有効成分の補給に

第3章 こんな病気にアサイー
     心臓と脳の血管を守る
     疲れ目、目の諸症状に最適
     前立腺肥大の抑制にも効果が
     メタボにつながる高血糖対策に
     美肌づくり、アンチエイジングに
     こんな症状にもアサイーを

第4章 効果的でおいしい摂取法
     アサイーの有効な補給源
     効果的で上手な食べ方
     おいしくて簡単なレシピ
     〈コラム〉花の色いろいろ

| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > 柔軟な血管と肌のハリにエラスチン
柔軟な血管と肌のハリにエラスチン

 
柔軟な血管と肌のハリにエラスチン


2009年11月発行



臓器や関節の弾力を保つアンチエイジングに必須な成分

細胞外マトリックスは、細胞を守る強固な土台や、組織の弾力性などに深くかかわっています。コラーゲンやヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸といった成分が細胞外マトリックスです。皮膚でいえば、真皮の細胞から分泌されたコラーゲンが、基礎を固める土台の型枠の役目を、その型枠に作用して弾力性をもたらす役割を担っているのがエラスチンなのです。皮膚のハリ、靭帯の伸縮性、そして肺や血管の収縮性はどれも、エラスチンの存在なしでは得られないものばかりです。今後の高齢社会においてエラスチンは、アンチエイジングの素材、ひいては老人性疾患の予防と改善に役立つ素材として、最も注目される生体成分の1つとなっていくことでしょう。


目 次

第1章 若さの源泉「エラスチン」
     結合組織の中に存在している
       結合組織とは何か
       
細胞外マトリックス
       細胞の調整役
       エラスチンは「環境たんぱく」
     弾力を生み出す主成分
       弾性線維の構造
       
エラスチン分子の集合体
       エラスチンの呼び名の由来
     コラーゲンとの関係
       
両者のバランスが大切
       組織によって比率は異なる
     エラスチン研究の経緯
       研究が遅れた理由
       リー博士らの研究が転機に
       日本でも研究会が発足
     老化はエラスチン不足で起こる?
       
50年で半減する?
       弾性線維を脅かす活性酸素
       活性酸素と老化の関係

第2章 素肌のアンチエイジングに
     お肌の曲がり角とエラスチン
       エラスチンは真皮にある
       
20代後半から減少
     紫外線はエラスチンの大敵
       エラスチンの性状が変性
       紫外線はなぜ悪いのか
       糖たんぱく質にも異常が
     エラスチンで肌のハリが向上
       
エラスチン食品の実験
     浅い傷の修復も助ける
       表皮の再生に関与

第3章 病気の予防にもエラスチン
     心臓や脳の血管を健康に保つ
       血管はエラスチンが豊富
       エラスチン減少のリスク
     肺の呼吸機能にも不可欠
       肺の収縮を調整
       慢性閉塞性肺疾患との関係
     高血圧の予防にも重要
       血圧に関与するしくみ
     アスリートや高齢者の足腰を守る
       関節と靭帯をサポート
     こんなところにもエラスチン

第4章 効果的な利用法Q&A
     Q・体内のエラスチンを増やすことはできる?
     Q・日常の食事でエラスチンを補給できる?
     Q・サプリメントやドリンク剤を選ぶ利点は?
     Q・エラスチンのサプリメントの原料は何?
     Q・エラスチンを増やす成分はほかにもある?
     Q・抗酸化力のある成分も補給したほうがいい?
     Q・エラスチン食品の効果的な摂取法はある?
     Q・エラスチンは皮膚に塗布しても効果がある?
     Q・食品としての安全性は問題ない?
     〈コラム〉医薬品素材としても期待される 

| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > 新発見「サクラン」と伝統の スイゼンジノリ
新発見「サクラン」と伝統の スイゼンジノリ


新発見「サクラン」と
伝統の スイゼンジノリ


2009年8月発行

日本固有のラン藻が秘めた驚異の保水力・機能性



目次


第1章 スイゼンジノリってどんなノリ?
     日本固有の淡水性ラン藻
       熊本・水前寺で発見
       キクラゲに似た寒天質の塊
     国指定天然記念物に
       発生地は名水百選
       野生株は一時絶滅!?
       ボランティアの努力で回復
     今は絶滅危惧毅僧爐
       珪藻類が大量に発生
       進む富栄養化、減る湧水量
       “砂踊り”の箇所も消滅

第2章 新発見「サクラン」って何?
     スイゼンジノリ固有の成分
       半分以上は寒天質
       外敵から護るバリケード
       新規多糖類を命名
     天然物質で最大級の多糖類
       保湿剤も増粘剤も多糖類
       DNAを超える分子量
       切断されにくい分子
     驚異的六〇〇〇倍もの保水力
       スプーン一杯で洗濯機がどろどろ
       ヒアルロン酸の10倍

第3章 期待される実用化の数々
     化粧品の保湿剤として
       チキソトロピーが特徴
       皮膚に心地よい皮膜感
       長時間の保湿効果も
     傷の治りを早める結果も
       犬も猫も毛が生え始めた!
       人間の皮膚周辺と似た分子構造
     稀少金属の回収剤として
       プラスイオンを引きつける
       レアアースと相性が良い
     〈コラム〉バイオマスサイエンスとは

第4章 伝統食品は健康食なり
     高級郷土料理の素材そして加工品
       幕府への献上品として珍重
       スイゼンジノリ食品加工の歴史
       昔ながらの製造法で現在も
     機能性食品としての働きも
       カルシウムと鉄分が豊富
       強い抗酸化作用


| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > 肝障害、解熱、貧血に漢方の牛黄
肝障害、解熱、貧血に漢方の牛黄


肝障害、解熱、貧血に
漢方の牛黄

2009年6月発行

微量で効く動物性の生薬で「六神丸」のコーディネーター


目次


第1章 牛黄はどのような生薬か
     動物性の生薬は微量で効く
       生薬は植物だけではない
       動物性生薬は微量で効く
     牛黄は、牛の胆嚢にできた結石
       千頭に一頭の希少品
       こんな成分が含まれている
       産地別の牛黄の色の違い
     医薬品として日本薬局方にも収載
       薬理学的研究は60年代から開始

第2章 牛黄の基本的な作用
     胆汁の分泌を促す「利胆作用」
       「類をもって類を補う」
       胆汁が分泌されるしくみ
       胆汁うっ滞による症状
       牛黄は平滑筋に作用する
       胆石や肝障害の改善にも
     胃けいれん、腸けいれんも抑制
       消化管の異常収縮を鎮める
     こんな症状にも牛黄が効く
       【肝障害改善作用】
       【解熱作用】
       【貧血改善作用】
       【抗酸化作用】
     血圧を下げる効果は「ない」
       血圧に対する研究は混迷
       「血圧を下げる」は俗説

第3章 「六神丸」としての薬効
     漢方薬の醍醐味は「複合作用」
       削るのが新薬、加えるのが漢方
       陰陽のバランスを整える
     牛黄を配合した漢方薬「六神丸」
       明治以前に中国から岡山藩へ
       「雷氏方剤」が起源
       日本版「六神丸」の特徴
       六神丸に配合されている生薬
     六神丸は心臓を元気にする応急薬
       実験で強心効果を確認
       「蟾酥」とジギタリスの違い
     六神丸で動悸が改善
       近畿大学の臨床データ
     長期の服用では降圧効果も
       強心薬と比較した臨床データ
       長期投与でも循環系に好成績
     中国では「抗炎症」が中心
       中国と日本での利用の違い
       【第鬼/血管透過性亢進】
       【第挟/白血球遊走、浸潤】
       【第郡/結合組織の増殖】
     歯痛の急場しのぎに
       六神丸の痛み止め作用
     〈コラム〉「ガマの油」売り口上

第4章 牛黄の効果的な利用法
     漢方薬を安全に利用する方法
       漢方薬にも副作用はある
       「薬は毒」と考える
       薬は最少量に抑える
       「毒」も生かすのが漢方流
     牛黄の効果的な利用法Q&A
       Q牛黄の補給源にはどのようなものがありますか?
       Q産地によって品質に差があるというのは本当?
       Q牛以外の動物の胆石でも、同じように効果がある?


| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > メタボ・糖尿病対策に理想の主食「玄米」
メタボ・糖尿病対策に理想の主食「玄米」


“メタボ・糖尿病対策に
理想の主食「玄米」

2009年3月発行

海外でも注目の玄米食。玄米菜食による「食養」の実践で心身浄化。

| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > 肌の弾力、疲労回復に包接コエンザイムQ10
肌の弾力、疲労回復に包接コエンザイムQ10


肌の弾力、疲労回復に
包接コエンザイムQ10

2009年5月発行

アンチエイジング(抗老化の切り札として登場し、今や大人気の「コエンザイムQ10」には弱点があります。それは、吸収性が低い、光や熱、酸素に対する安定性が低い、他の成分との配合変化を起こしやすい、という点です。コエンザイムQ10の作用を十分に受けられないばかりか、様々な変換物質を作り出す原因にもなります。それを克服したのが「包接コエンザイムQ10」。老化を遅らせたり、病気の予防、お肌の改善等の飛躍的な向上が確認されています。

| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > 美肌をつくる蜂蜜の王様マヌカハニー
美肌をつくる蜂蜜の王様マヌカハニー


“美肌をつくる蜂蜜の王様
マヌカハニー

2009年2月発行

ニュージーランド特産の「ハチミツの王様」。抗菌物質「MGO」でピロリ菌や虫歯菌に打ち勝つ。

| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > 新機能性食物繊維α−シクロデキストリン
新機能性食物繊維α−シクロデキストリン


“新機能性食物繊維
α−シクロデキストリン

2008年12月発行

メタボ、コレステロール、アレルギーの改善に。多機能性が魅力の新食物繊維。

| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > “第七の栄養素”核酸パワー
“第七の栄養素”核酸パワー
 


“第七の栄養素”
核酸パワー

2008年12月発行

新陳代謝を助け細胞イキイキ。母乳に含まれる大事な要素“核酸”。

| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
近刊案内トップ > ミニ健康書ふるさと文庫 > 沖縄モズクフコイダンで樹状細胞の免疫力アップ
沖縄モズクフコイダンで樹状細胞の免疫力アップ
 


沖縄モズクフコイダンで樹状細胞の免疫力アップ

2008年11月発行

がん、胃・十二指腸潰瘍、メタボ対策に最適な海の恵み。がん患者さんのQOLを高める逸材。

| ミニ健康書ふるさと文庫 | pookmark |
2/3PAGES | << >> |

▲このページの先頭へ